新築の時に検討するフロアコーティング

バナー

新築の時に検討するフロアコーティング

もう既に長く住んでいる家や中古住宅であればそれほど何かしなくてはと思うことはありませんが、これから新築で家を購入するとなると、床も最近はフローリングの家庭が多いですからフロアコーティングも検討するのもいいかもしれません。

少しでも綺麗な状態を保ちたいと思うのであれば、ワックスでも何でもしておきたいと思うのは当然でしょう。

weblio辞典のことならお任せください。

フロアコーティングはワックスより耐久性や硬度を高めたものとなっていて、成分なども違うのでワックスとは別物と考えて下さい。自分で行う場合には市販のワックス剤を利用して作業をする事もあるかもしれませんが、慣れない人でも作業しやすいように水溶性の薄いタイプとなっているのですぐにまた作業しなくてはいけないという事もありえます。
いろんな種類があるのでどれがいいのかと迷う事も多いですが、基本的には油性か水性なのかというところを見ておくといいでしょう。

油性のタイプはハードコーティングとも呼ばれているのですが、フローリングへ密着して耐久性も高いのがいいところです。



施工後にはしっかり張り付くため年を経て劣化してきた所があればフローリング自体を張り替えたりするなども検討しなくてはいけません。

水性タイプは耐久性は低いものの、再度施工しやすいという面があるのでフロアコーティングにはどちらも一長一短があると考えてもいいでしょう。

予算や今後のライフスタイルを考えて、業者と相談しながらじっくり吟味していきましょう。

東京のフロアコーティング関しての情報探しを行うならネットが便利です。